top of page

IAAE2022 国際オートアフターマーケットEXPO

更新日:2022年3月17日



プレスリリース詳細


ファインピース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:木下 寛士)は、三年ぶりの開催となる「第19回国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)」へ出展し、エフディエムが新たに開発したADAS・EV対応の次世代フレーム調整・測定機「3WAY多機能ADASリフト(ジグ修正・フレーム測定 × ホイールアライメント調整 × エーミングサポート)」の世界初出展を行った。



エフディエムのADAS・EV対応の次世代フレーム調整・測定機「3WAY多機能ADASリフト」(取り扱い:ファインピース株式会社)とは、これからのADAS 先進安全自動車の整備に必須となる「ジグ修正・フレーム測定」「ホイールアライメント調整」「エーミングサポート」の三つの機能を一台のリフトに完備した世界初の次世代整備機器となる。




エフディエムでは、2022年3月4日、法改正案が閣議決定され遂に自動運転「レベル4」が解禁され、2024年10月からのOBD検査(車検)が目前に迫る中、今後自動車に導入される先進運転支援システム(ADAS)に採用されるセンサー類のキャリブレーションの前提条件として必要となる機能を網羅した「3WAY多機能ADASリフト」の導入を通して、補修・車体整備業界の維持発展に寄与するとともに、安全な自動運転社会の実現に貢献することを目指している。






閲覧数:72回0件のコメント

Comments


bottom of page