【セミナー】EDR搭載義務化の影響と今後のCDRトレンドについて

更新日:2021年10月18日


ボッシュ CDR + ADASの新ビジネス
EDR搭載義務化の影響と今後のCDRトレンド

EDR搭載義務化の影響と今後のCDRトレンドについて

日時:2021年10月18日17:00〜17:40

講師:ファインピース 三宅三郎



>> 参加申込み・資料請求はこちら <<



EDR / CDRセミナーの映像

https://youtu.be/n4GiBtIjAFU




前回のセミナーの様子

https://youtu.be/fi7SfW7pENc


https://youtu.be/AS-PlyUo3-A



関連情報


2021年9月30日、国土交通省より、事故時の車両情報を記録するための国際基準を導入することの交付が行われ、EDR(イベントデータレコーダー ※1)の乗用車への搭載と、対自動車の制動要件に適合する衝突被害軽減ブレーキを備えることなど(※2)の二項目の保安基準の改定が交付・即日施行された。


※1. EDR:事故時に車両に関する情報(車速、加速度、シートベルト着用有無等)を記録する事故情報計測・記録装置


※2. 保安基準等の主な改正項目

⑴ 乗用車等には、事故時に車両に関する情報(車速、加速度、シートベルト着用有無等)を記録する事故情報計測・記録装置(EDR)を備えなければならないこととする。


⑵ 乗用車等には、対静止車両、対走行車両及び対歩行者の制動要件に加え、対自転車の制動要件に適合する衝突被害軽減ブレーキを備えなければならないこととする。

閲覧数:321回0件のコメント